畳の掃除方法について詳細を解説

当ページでは畳の掃除の方法について解説をしていきます。
最近では畳のない家も増えたと言われていますが、いまだに数多くの家に畳は存在をしております。そこで、オススメの掃除方法についてお伝えしていきますので、是非参考にしてみてください。

目に沿って掃除する事をしっかりと意識をしよう!

まず最初に、何よりもしっかりと認識をいただきたいポイントがあります。

それが「目に沿った形で掃除を行う」という事です。掃除機やホウキ、雑巾で掃除等、何をするにあたっても「目に沿った掃除」というのは極めて重要になります。特に掃除機等で適当に掃除はしがちなので、しっかりと正しい方法で行うよう意識をしておきましょう。

日常的な簡単な掃除法を解説

では最初に、特に簡単な掃除法という事で、掃除機の活用法から解説をしていきます。掃除機の活用法というのは、上で簡単にお伝えしたように「目に沿った掃除」を意識すれば、それ以外に特に意識をする点はありません。

最近の新しい掃除機の中には「畳モード」等がついた商品もありますので、「畳モード」を利用した上で「目に沿った掃除」を行えば、それだけで十分な内容となります。ただ、最近流行りの全自動掃除機であるルンバ等は、畳を傷つける可能性が高くなってしまいます。(畳の凸凹に引っかかって、傷をつけるリスクを高めてしまうのです)

そのため、極力畳の掃除機に関しては、ご自身で行うようにしましょう。

クイックルワイパーのモップタイプ等はどうなの?

日常的な掃除ということで、やはりクイックルワイパー等の利用を考える方がいるかと思います。最近広く利用をされているクイックルワイパー(ウェットタイプ)等は、畳にはオススメ出来るのでしょうか。

個人的には、しっかりとした会社のウェットタイプの商品であれば、問題なく畳に利用可能かと思います。畳への最大のリスクというのは、やはり「水分」となってしまうので、ビチャビチャのウェットシートでなかったら、問題がないという判断なんですね。利用をし終わった後に、畳に水分が残ることが無いように意識をした上で、利用をしていきましょう。

雑巾がけはどうなの?

最近では、あまり使われなくなりましたが「雑巾がけ」は畳に対してオススメが出来るのでしょうか。こちらの回答としては「利用自体はOKだが、しっかり絞ることが重要である」となります。

上のクイックルワイパーのポイントでもお伝えしていますが、やはり「しっかりと絞って水分を取る」という事が極めて重要になるんですね。是非この内容を理解した上で、掃除を行っていきましょう。