断捨離の詳細を徹底解説

部屋全体をキレイにするためには、そもそも「断捨離)いらないものを捨てる)」というステップが重要になります。こちらでは、具体的に「物をすてる方法」をお伝えしていきますので、是非参考にした上で、お試しください。

基準はワクワクするか?

断捨離を実際に行う際に、やはり迷ってしまうのが「どこまでを捨てて良いのか」という点です。

「ゴミは捨てて大丈夫」と言うのは誰もがわかるかと思いますが、実際には「どこまでがゴミなのか」という線引きが皆さん出来ないと思うんですね。そこで、是非オススメをしたいポイントとして挙げられるのが「その物を触った際にワクワクするか」という基準で重要度を測る方法です。

例えば、一年前に購入した服だとして、、、その服を持った時に「好き」とか「気に入ってる」と言った、ワクワクポイントが残っている様であれば、そちらは残してOKです。しかし逆に「なんとなく必要そうだから残している」と言った、ワクワクを感じられない製品の場合、処分をしてしまって構わないという事です。まずは大前提として、この「ワクワクするか否か」というのは、考えてみて下さい。

試しにダンボールに半年入れてみよう!

ただ、上のように「ワクワクしないものは捨てよう!」と言っても、実際に捨てる際には抵抗を感じてしまう方が大半だと思います。そこで、まず最初に取り組んで頂きたい方法というのが「その内に捨てるボックス」を一度作るという方法です。

まずは、かなり大きめのダンボールを1つご用意下さい。(スーパーとかでもらってきてもらって大丈夫です)。そしてその中に、少しでもいらないと思ったものをドンドン入れていってしまうんですね。このときの基準というのは、ズバリ!上でお伝えした「ワクワクしない物」になります。

とにかく、ワクワクしなくて必要無さそうな物は、どんどんそのボックスの中に入れていってしまうのです。その上で、期限を決定します。そして、その期限がきた段階で「該当の商品が必要だと思う瞬間」が一度もなかった場合、その商品は捨ててしまってOKだと言うことです。つまり、物を捨てる段階で「2段階」にするというわけですね。

皆さん、物を捨てる段階では、どうしても「将来必要になったら・・・」と足踏みをしてしまうと思います。しかし、上の様なステップで廃棄を行うことにより、明確に「これは自分にとって必要ない」というのを、確認した上で捨てることが出来るようになるのです。是非一度お試しください。