カーテンをキレイにする方法を解説

結露しやすい窓にあるカーテン等は、一定期間以上利用をしているとカビが発生をしてしまいます。では、このようなカビのついてしまったカーテンは、スチームクリーナーを利用してキレイにすることが出来るのでしょうか。詳細についてお伝えしていきます。

残念ながら、少し難しい

では、スチームクリーナでカビを落とすことは出来るのでしょうか?

結論としては、残念ながら「カビを落とすのはかなり厳しい」となります。そもそも、スチームクリーナーというのは、蒸気の力で汚れを浮かし、その後掃除を実行する製品となります。しかし残念ながら、蒸気の力では「こびり付いたカビ」をキレイにすることは出来ないんですね。

長時間利用をしても全く意味はありませんので、まずはきっぱりと諦めて、
通常のカビ取りの方法を行っていくようにしましょう。

丸洗いが最強の方法である!

カーテンの掃除方法に関して言うならば、やはり最も最強の方法として言えるのが「丸洗い」となります。中途半端にスチームを当てたりしてしまうと、またその水分を媒介にしてカビが育ってしまうリスクがあります。

そのため、まとめて丸洗いをしてしまうのが、最も無難な対処法として挙げることが出来るんですね。

塩素系の浸け置きがオススメです!

丸洗いをする際に、最もオススメの方法として挙げられるのが「塩素系漂白剤」を溶かした上での丸洗いとなります。普通の白いカーテン等であれば、この漂白剤を利用することで、かなりキレイにすることが出来ます。

一般的には、カビの対策といえばカビキラーなどが思い浮かぶかと思います。
しかし、漂白剤を利用しても十分に殺菌は可能ですし、カーテン本体を白くすることも可能です。つまり「カーテンを白くする」という点において、極めて効率的な方法として挙げられるんですね。

丸洗いが最強の方法である!

また、このように「結露が原因のカビ」が発生してしまったという事は、残念ながら何度でも同じ症状が生じてしまうリスクがあります。そのため、一度でもカビが発生してしまった時点で「どうすれば再度カビを発生させないように出来るか」というのを、しっかりと考えるようにしましょう。

基本的には、カビを発生させないためには、下記ポイントが重要になります。

・風通しを良くする
・日当たりが良いようにする
・結露の水が触れない様にする

日当たり等は、どうしても調整することが難しいと思うので、是非「結露の水が触れない様にする」という事を第一の対策法として行ってみて下さい。