茶渋のとり方をお伝えします!

当サイトでは一般的に掃除の方法等についてメインで解説をしているのですが、当ページでは若干趣旨を変えて、茶渋の取り方について解説をしていきます。一般的にあまり知られていませんが、茶渋というのは適切なステップを行うことによりキレイにすることが出来ます。具体的な方法をお伝えしていきますので、ご確認下さい。

漂白剤はちょっと微妙?

茶渋取りとなると、誰もが一番最初の段階では「漂白剤の利用」等を考えるかと思います。一般的に、食器などをキレイにするとなると漂白剤が思い浮かびますから、ある意味自然な流れですよね。ただ、漂白剤を実際に利用するとなると、下記のようなネガティブなポイントが目についてしまいます。

・塩素系漂白剤特有のツンとした匂いが広まったり、
・食器を痛めてしまう可能性等があり
・漂白剤の処理が若干面倒くさい

そのため、当ページでは漂白剤の利用はオススメをしておらず、もっと他の方法をオススメしているのです。

実は塩が大活躍?!その内容とは

「漂白剤を使用しない」という前提で考えると、、、実はまず第一にオススメ出来る茶渋落としの成分としては「塩」となります。一般的にあまり知られていませんが、塩をこすることで、茶渋を研磨剤の様に落としていくことが可能になるんですね。具体的なステップとしては、下記のようになります。

・水と塩をひとつまみ対象のコップに入れる
・スポンジを水で濡らした上で、内側を塩を付けながらこする
・それでも汚れが取れない場合は、塩を更につけて重点的にゴシゴシ
・茶渋が取れたら、水で流して完了

家にある「普通の塩」で、上記対処法はお試しいただけますので、是非試してみて下さい!

専用の製品等も利用はあり?

上の様に塩は十分に効果を発揮してくれるのですが、コップの種類等によっては、
塩だけで十分な効果を発揮してくれない事があります。例えば、最近かなり利用をされている「サーモスの魔法瓶」や「タンブラー」等は、塩を利用するだけでは、思ったように茶渋を落とせない事が多々あります。そんな時にオススメをしたいのが、下記に挙げられるような専用の掃除用品となります。

実際にこれを利用していただくとわかるのですが、、、他の方法で落とすことが出来ない汚れなどを、一発でピカピカにすることが出来ました。

普段、コーヒーや紅茶等を日常的に水筒に入れて持ち運んでいるということであれば、1ヶ月に一度程度、これを利用して掃除をしてみてください。